エルティーアイ株式会社

個室型店舗等に関わる改正(規制強化)

消防法改正に至った経緯

大阪市の個室ビデオ店火災を踏まえ、避難経路における煙の滞留を想定した対策としてカラオケボックスなどの個室を提供する店舗の床面または床面付近の壁面に「高輝度蓄光式誘導標識」もしくは「誘導灯」を設置しなければならなくなりました。
>>>規制の事前評価書・要旨(総務省消防庁:発行)

ユーザー様(カラオケボックス等)の取り組み

当社製高輝度蓄光式誘導標識「アルファ・フラッシュ」は「A50級」を始め、「C200級」「S50級」など、様々な製品が全国のカラオケボックスや個室ビデオ店など多数の施設でご使用頂いております。

設置について

当社の標識は壁面用の認定品です。基本的には、壁面で設置をお願いしておりますが、床用製品の施工が困難な箇所などにおいて、床用保護フィルム「オーバーコートフィルム」を標識と併用頂くことで、設置許可を頂いている箇所もございます。 対応策の一つとしてご紹介させて頂きます。


(設置期限:平成22年11月30日)
※消防予第177号より抜粋

ご使用頂ける製品の目安


>>>対象法令と使用可能な高輝度蓄光式誘導標識「アルファ・フラッシュ」シリーズの目安
>>>蓄光誘導標識の性能区分(S・A・C級)と当社品のデータ