エルティーアイ株式会社

社長挨拶Message


私たちエルティーアイのテーマは


サービス名

創業のきっかけは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起こった同時多発テロです。停電した超高層ビルからやむなく飛び降りる人達を目撃したことに大変な衝撃を受け、「人の命を守る仕事がしたい」と強く思い、テロの翌月に起業いたしました。それ以来、当時はまだ一般的ではなかった高輝度(明るく長時間光る)性能を持つ蓄光(光を蓄えて発光する)製品の開発を進め、翌2002年には防災設備品として国内初となる製品(アルファ フラッシュ)の本格販売を始めました。
2006年の消防法告示改正では、「高輝度蓄光式誘導標識」が消防設備として定義づけられ、さらに2009年12月には改正消防法が施行され、小規模小売店舗などの一部の施設において「高輝度蓄光式誘導標識」が「誘導灯の代替品」として認められるまでに至りました。
創業当初は「停電時の避難誘導に蓄光標識や蓄光テープが極めて有効である」という私たちの提案に、耳を傾けて下さる方はごく僅かでしたが、お陰様で現在では官公庁を始め、一般企業様、国内外の鉄道事業者様、一般消費者様など多くのお客様にご使用頂けるようになりました。
私たちは、創業時の理念とベンチャースピリットを今後も決して忘れることなく、当社独自の技術を生かし、災害時において人々が 「一秒でも早く出口へ」避難することができる様に、そして環境分野において、低炭素社会の実現に貢献できるよう取り組んで参ります。

▶2004年9月26日 読売新聞「ベンチャー新世紀」